-書籍

  • 新版トラクト 生かされてある限り (44535)

    新版トラクト 生かされてある限り (44535)

    825円(税込)

    絶望の淵を生き抜いた三浦綾子。それは苦難ではなく、神様はいくつもの「試練」を通して、未来のあるこの地で道を開き、光を照らしてくださる。「氷点」「塩狩峠」などをを代表作に持つ作家の生き様。著者・訳者など:森下辰衛シンパントラクト イカサレテアルカギリ
    カートに入れる
  • 神の大能の力の働き エペソ人への手紙に聴く(26010)

    神の大能の力の働き エペソ人への手紙に聴く(26010)

    1,650円(税込)

    シリーズ新約聖書に聴く。神の絶大な力が働くことで、教会の姿はどのように変えられるのか。キリスト者はどう歩んでいくのか。11回にわたる講解説教と、きよい歩み・ホーリネスと宣教について語った2編の説教を収録。 「クリスチャンの歩みとは、私たちが神に対し...
    カートに入れる
  • 牧師所感 供 801052)

    牧師所感 供 801052)

    2,200円(税込)

    日韓の懸け橋となる、時事問題をキリスト者の視点から論じる、教会音楽への情熱を語る。毎週の教会週報に書き綴った珠玉のエッセイ「牧師所感」を三年分集めた第二弾。この巻では、ヘイトスピーチ、君が代斉唱の問題、杉原千畝記念館などについて語る。[ いのちのこ...
    カートに入れる
  • 牧師所感 掘 801053)

    牧師所感 掘 801053)

    2,200円(税込)

    日韓の懸け橋となる、時事問題をキリスト者の視点から論じる、教会音楽への情熱を語る。毎週の教会週報に書き綴った珠玉のエッセイ「牧師所感」を三年分集めた第三弾。この巻では、澤正彦、北森嘉蔵、桜美林大学の教え子たちとの思い出などを語る。[ いのちのことば...
    カートに入れる
  • 聖書を解釈するということ 神のことばを人の言語で読む(2870)

    聖書を解釈するということ 神のことばを人の言語で読む(2870)

    1,870円(税込)

    神のことばを人の言語で読むとき、どうやって神の意志を見出せばよいのか。書かれた「神のことば」の意味を現在に生かす聖書解釈学の視点と課題を掘り下げる。著者・訳者など:南野浩則ページ数:256頁判型:四六判ISBN:978-4-264-04167-2セイショヲカイシャクスル...
    カートに入れる
  • コロナウイルス禍の世界で、神はどこにいるのか (14760)

    コロナウイルス禍の世界で、神はどこにいるのか (14760)

    770円(税込)

    世界中で猛威を振るい、多くの死者を出している新型コロナウイルス。言いようもない不安、恐怖、猜疑心が各国を覆っている今、慰めと希望をどこに見出すことができるのだろうか。首都封鎖下のイギリスから、オックスフォード大学の気鋭の学者が、神の存在と真の希望...
    カートに入れる