痛みを担い合う教会 東日本大震災からの宿題(8760)

いのちのことば社
発売日:2017/09/25

典型的な「地方」において「共生」が問われた東日本大震災から私たちは何を学んだのか。震災の現場で問われた「教会」「伝道」のあり方は、「福音とは何か」を見直すことを投げかけた。それを受け、日本宣教の進むべき方向を提言する。

<<この本の書評はこちらをクリック>>

著者・訳者など:第6回日本伝道会議「痛みを担い合う教会」プロジェクト編
ページ数:95頁

ISBN:978-4-264-03870-2
イタミヲニナイアウキョウカイ

購入数
      

【※ご注意】ご贈呈先直送のご注文で、「包装袋同梱」をご希望の場合、ご注文を頂いてから発送まで約3日お時間を頂きます。(例)ご注文日+3日(包装)+約2-3日(配送)が到着日 ※土日除く


この商品についてのレビュー

入力された顧客評価がありません。

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く