ログイン
カートに商品がありません。

現在の中身:0点

 
 

神様のファインダー 元米従軍カメラマンの遺産(12120)

いのちのことば社・フォレストブックス

日本の教科書にも掲載された「焼き場に立つ少年」をはじめ、終戦直後の広島・長崎を撮影した元米従軍カメラマン、ジョー・オダネルの生涯、反戦・反核活動を、その妻・坂井貴美子氏が綴る。オダネル氏が、40年もの長きにわたり封印してきた写真をこの世に出したのは、あるキリスト像との出合いがきっかけだった。人生を見守る神の導きと米国人としての後悔、日本人への共感に突き動かされた足跡をたどる。
 
目次
はじめに
第一章 一九四五年、広島・長崎へ
第二章 写真展への道のり
Photo Album 焼け跡の隣人
第三章 活動への圧力と新展開
第四章 夫婦として、同志として
第五章 別離、そして再会への希望
あとがき

著者・訳者など:写真:ジョー・オダネル、編著:坂井貴美子
ページ数:190頁
判型:A5判
ISBN:978-4-264-03387-5

ジョー・オダネル Joe O'donnell
1922年、米ペンシルベニア州ジョーンズタウンに生まれる。1941年、米軍の海兵隊に志願。現像・撮影の訓練を受け1945年、占領軍のカメラマンとして来日。広島、長崎をはじめ各地の空襲による被災状況を記録。1946年、帰国後除隊。1949年、アメリカ情報局に籍を置き、ホワイトハウス付きのカメラマンとして勤務。4代の大統領に仕える。1968年退職。1989年、「Once」との出合いにより、反戦・反核の活動を展開していくことを決意。日米はじめ世界中で写真展・講演会を開催する。2007年8月9日、85歳で死去。

坂井貴美子 Kimiko Sakai
1960年、福島県会津若松市生まれ。1993年、若松栄町教会で開催された写真展でジョー・オダネルと出会う。1995年に渡米し、1997年にジョーと結婚。2007年に死別。現在は芸術の世界で仕事をしつつ、夫の遺志を継いで各地で写真展を開催している。

購入数
      

【包装について】
原則、注文個数分の包装用袋・金シールの同梱のみ承っております。
贈呈先へ直接発送の場合に限り、お包みしてのお届けも可能でございます。
ご購入の際に、「包装袋添付ご希望の場合はこちら」を選択してください。
(一部商品は選択不可・包装不可となっております)
※備考欄にてご指定いただいても対応できない場合がございます。何卒ご了承ください。


お気に入りリストに追加  かごに入れる

>この商品について問合わせる

  • トップ
  • 信仰書
  • 神様のファインダー 元米従軍カメラマンの遺産(12120)
  • 書籍
  • グッズ

この商品についてのレビュー

入力された顧客評価がありません。

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く