戦時下の教会が生んだ讃美歌 (29950)

いのちのことば社
発売日:2014/02/11

あの時、教会はどこに目を向けていたのか!?
物資が困窮し、紙も配給となっていたあの戦争激化の中で、『興亜讃美歌』『興亜少年讃美歌』『日曜学校讃美歌』は、それぞれ数千部、一万部と印刷された。それらの歌集には、国の戦意高揚に妄従する「讃美」があふれていた。歌詞の移り変わりにも目を留めながら、教会の「負の遺産」を明らかにする。


著者・訳者など:石丸新
ページ数:176頁

判型:A5判
ISBN:978-4-264-03193-2
センジカノキョウカイガウンダサンビカ

購入数
      

【※ご注意】ご贈呈先直送のご注文で、「包装袋同梱」をご希望の場合、ご注文を頂いてから発送まで約3日お時間を頂きます。(例)ご注文日+3日(包装)+約2-3日(配送)が到着日 ※土日除く


この商品についてのレビュー

入力された顧客評価がありません。

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く