和解と教会の責任 (29660)

いのちのことば社
発売日:2010/09/01

幾度となく繰り返される戦争をキリスト者はどうとらえたらよいのか。戦争を起こした国家に対する教会の責任は? 過去に苦痛を与えた近隣諸国や諸民族とどう「和解」したらよいのか。日本人の特質を見極めながら、キリストの福音に基づいた和解の道を考える。

    【読者の声】
  • まことの悔い改めのないところには、真の和解も救いもないことを教えられました。戦中または戦後の教会の負の遺産を自覚し反省しつつ、あくまでも主に忠実に従わんとして、傷つき血を流した貴い先達に学び、励まされて歩んでいきたいと思った。(千葉県 70代 男性)

ページ数:144

判型:A5
ISBN:978-4-264-02877
ワカイトキョウカイノセキニン

購入数
      

【※ご注意】ご贈呈先直送のご注文で、「包装袋同梱」をご希望の場合、ご注文を頂いてから発送まで約3日お時間を頂きます。(例)ご注文日+3日(包装)+約2-3日(配送)が到着日 ※土日除く


この商品についてのレビュー

入力された顧客評価がありません。

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く