CD 君からの景色 (48423)

いのちのことば社・ライフ・クリエイション
発売日:2006/11/20
原田博行ニューアルバム

CD「きみは愛されるため生まれた all for you」で話題のユニットによる待望のフルアルバム!賛美歌とは違う。それなのに神と人生への賛美を確かに感じる。切なくもあたたかい、珠玉の「フレンチフォーク(?)」

【収録曲】
  1. 紙飛行機
  2. オセロ
  3. Happy birthday
  4. カフェ シエスタ
  5. 長い雨があがりました
  6. 馬鹿な男が僕ならば
  7. 君からの景色
  8. 岐路

■ 原田博行 with SIESTA プロフィール

原田博行
アコースティックギター弾き語りスタイルで、70年代フォークを彷佛とさせるシンガーソングライター。
SIESTA
'92年、パリで結成されたバイオリンの高橋じゅんとアコーディオンの山口あかねによるデュオ。
原田博行 with SIESTA
はこの3人からなるユニット。それぞれに独立して確立されているふたつの世界が出会い、全く新しい独特の心地よい音楽が紡ぎ出されている。
このアルバムを一言でいい表すならば、『フレンチフォーク?』。ちゃんとフォーク、でもどこかフランスの香りのする、おしゃれなアルバム。ギターとうたとバイオリンとアコーディオン。日常生活をストレートな言葉とメロディーで表現する原田の歌を、ヨーロッパの街角にとけ込むようなSIESTAの演奏が包み込んでいる。いままでになかったサウンド。まさに、まったく新しいジャンル、フレンチフォークだ。8曲すべてをこの構成で貫く珠玉のアルバム。ライフ・ミュージックからリリースされた「きみは愛されるため生まれた」で1万枚以上の売り上げを記録した話題のユニット待望のフルアルバム!

クリスチャンとして原田博行が語る「原田博行 with SIESTA
君からの景色」

 わたしは近頃、キリスト教に興味がない人、キリスト教を知らない人にも聴くことのできる曲を、キリスト者としての自分を偽らずに書きたいと思うようになった。
老若男女が受け入れられる曲を書くこと。それはコンポーザーとして当然のアプローチと言えるだろう。そのテーマのもとで細心の注意を必要とするのは、歌詞(言葉)だとわたしは思う。
あるとき、神を讃美する英語の歌詞を聴きながら、神を「You」と表現していることに気づいて、「神」、「キリスト」をイメージする二人称にも「君」という言葉を使うことを思いついた。
タイトル曲「君からの景色」は単純なラブソングではある。しかし、「君」が「神」や「キリスト」を指すとすると、全く違った内容として見えてくるのも確かだ。
そして、アルバムタイトルとして「君からの景色」という言葉を味わうとき、そこに日常で出会う神、あるいは神からのメッセージの予感が満ちていることに気付く。
わたしは神からの愛やメッセージは、人や、自然を通してやってくると感じている。もちろん聖書をしっかりと読むことや礼拝に出席すること、祈りの時間を持つこと、そういった信仰生活こそ神との対話の中心に据えられるべきである。しかし、何気ない日常の中にもまた、目をさまし、耳を傾けることで、見えてくる、聞こえてくる創造主の姿や言葉があると思うのだ。
このアルバムは、日常を歌っている。老若男女にとって違和感のない日常を切り取ったつもりだ。しかし、キリストに出会い、創造主を覚える人たちが、信仰と経験を通して、想像力を働かせ、その日常の中に「君からの景色」が隠されていることを感じながら聴いてもらえるなら、わたしにとってそれは大きな喜びである。−原田博行

著者・訳者など:原田博行
with SIESTA
CD キミカラノケシキ

購入数

この商品についてのレビュー

入力された顧客評価がありません。

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く