ログイン
カートに商品がありません。

現在の中身:0点

 
 

私のたましいは主をあがめ クリスマスの意味に関する黙想(2300)

いのちのことば社

マリアの賛歌(ルカ1・46以降)についてのロイドジョンズによる四つの説教を収録。マリアが発している言葉とその意義を考察していく。この賛歌が福音の本質を簡潔にとらえていること、人がキリストへと向かう際の経験を反映してさえいることを明らかにする。


著者・訳者など:D・M・ロイドジョンズ/渡部謙一
ページ数:144頁

判型:B6判
ISBN:978-4-264-04002-6
ワタシノタマシイハシュヲアガメ

購入数
      

【包装について】
原則、注文個数分の包装用袋・金シールの同梱のみ承っております。
贈呈先へ直接発送の場合に限り、お包みしてのお届けも可能でございます。
ご購入の際に、「包装袋添付ご希望の場合はこちら」を選択してください。
(一部商品は選択不可・包装不可となっております)
※備考欄にてご指定いただいても対応できない場合がございます。何卒ご了承ください。


お気に入りリストに追加  かごに入れる

>この商品について問合わせる

  • トップ
  • 書籍
  • 私のたましいは主をあがめ クリスマスの意味に関する黙想(2300)
  • トップ
  • 信仰書
  • 私のたましいは主をあがめ クリスマスの意味に関する黙想(2300)
  • 書籍
  • グッズ

この商品についてのレビュー

レビュー件数:1

評価

2018/12/14

しめサバさん

翻訳が、原文に忠実なためなのか少し読みづらい面もありますが、あきらめず丁寧に読んでいきたいと思えるクリスマスシーズンの一冊です。

1件〜1件 (全 1件)

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く