ログイン
カートに商品がありません。

現在の中身:0点

 
 

新・誰がこの子を受けとめるのか 虐待された子らからのメッセージ(9440)

いのちのことば社

28年連続で過去最多件数を更新した"児童虐待"。この社会で、子どもたちを育むために必要なものは何か。ドキュメンタリー映画「隣る人」の舞台となった児童養護施設「光の子どもの家」をはじめ、数々の現場に半世紀以上身を置いた著者が見つめてきた子どもたちの記録。施設を出たその後の子どもたちの物語も収録。

【関連書籍】隣る人
https://www.wlpm.or.jp/pub/?sh_cd=98078

著者・訳者など:菅原哲男・奥寺美鈴
ページ数:215頁

ISBN:978-4-264-04070
シン・ダレガコノコヲウケトメルノカ

購入数
      

【包装について】
原則、注文個数分の包装用袋・金シールの同梱のみ承っております。
贈呈先へ直接発送の場合に限り、お包みしてのお届けも可能でございます。
ご購入の際に、「包装袋添付ご希望の場合はこちら」を選択してください。
(一部商品は選択不可・包装不可となっております)
※備考欄にてご指定いただいても対応できない場合がございます。何卒ご了承ください。


お気に入りリストに追加  かごに入れる

>この商品について問合わせる

  • トップ
  • 信仰書
  • 新・誰がこの子を受けとめるのか 虐待された子らからのメッセージ(9440)
  • トップ
  • 信仰書
  • 教育
  • 新・誰がこの子を受けとめるのか 虐待された子らからのメッセージ(9440)
  • 書籍
  • グッズ

この商品についてのレビュー

入力された顧客評価がありません。

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く