ログイン
カートに商品がありません。

現在の中身:0点

 
 

永遠と復活 (795114)

幻冬舎
「人間の罪は許されますか? 」「死はすべての終わりですか? 」
春馬さんの真剣な問いに、今こそ答えたい――
76歳の牧師と28歳の俳優、十字架の下で教え教わった、愛そして生きるということ


2018年12月29日、三浦春馬さんは舞台『罪と罰』のために、日本で一番大きなプロテスタントの教会の牧師である大川従道氏のもとを訪れていました。

貧困に喘ぎ、罪を犯してしまうラスコーリニコフという主人公を演じるにあたって、聖書やキリスト教について質問をなげかけ、濃密な時間を過ごした二人。
クリスチャンでも暗唱が難しいヨハネの福音書11章も、既に春馬さんの頭にはすべて入っていたといいます。

今振り返ると不思議なことですが、その時春馬さんは、「罪と罰」の作品においてしばしばテーマとなる「悪人なら殺していいのか」というような質問はしませんでした。それよりも聖書のいう「命」と「死」と「復活」という点が、役作りする上で彼の質問の中心でした。

このように「生と死」について真剣に語り合った大川牧師が、春馬さんとの出会いを経て、今こそ伝えたい「生きる」ということ。
一粒の麦のごとく、この悲しい別れが大きな実りになるように想いを込めた一冊です。

舞台『罪と罰』の詳しい様子や、二人の出会いのきっかけとなった春馬さんのボイストレーナーへの取材も行いました。
四年間に及ぶ指導の中で、春馬さんがどれだけ真摯な想いで作品に取り組んでいたのか、将来どんな俳優を目指して努力していたのかを語っていただきました。


著者・訳者など:大川従道
ISBN:978-4-34403732-8

【大川 従道】
東京生まれ。聖学院高等学校、東京聖書学院卒、青山学院大学文学部神学科卒。深川教会、サンフランシスコ教会を経て、1970年に座間キリスト教会に就任。1992年、大和市に移転し、1000人収容の大礼拝堂を完成。現在、この大和カルバリーチャペルの主任牧師。就任50年。(この情報は書籍発行当時のものです)
エイエントフッカツ

購入数
      

【包装について】
原則、注文個数分の包装用袋・金シールの同梱のみ承っております。
贈呈先へ直接発送の場合に限り、お包みしてのお届けも可能でございます。
ご購入の際に、「包装袋添付ご希望の場合はこちら」を選択してください。
(一部商品は選択不可・包装不可となっております)
※備考欄にてご指定いただいても対応できない場合がございます。何卒ご了承ください。


この商品についてのレビュー

入力された顧客評価がありません。

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く