ログイン
カートに商品がありません。

現在の中身:0点

 
 

月刊 ディボーションガイド  manna(マナ) 7月号 (69807)

いのちのことば社

主に喜ばれる歩みをするために、クリスチャンにとってディボーション(神の前に静まる時)は大切です。

あなたのディボーションを導く、月刊誌『manna』

体系的でバランスのとれたな聖書テキストの選定、日本人執筆者による解説とメッセージ、また、書き込むことのできるノートも設けてあるので、ディボーション手帳、祈りの日記として活用いただけます。

マナの特徴
1)週日の聖書通読では、旧約と新約をバランスよく読んでいきます。
2)週日の聖書通読を続けていくと聖書を全巻読めるようになっています。
3)土日は、教会学校教案誌「成長」に準拠し、3年間で聖書全体を大づかみにすることができます。
 

マルコの福音書(2),伝道者の書,コリント人への手紙第1(1)

8.末尾の問題
最近までの研究の結果、ほとんどの学者が、マルコ自身が執筆した本文は16:8「…恐ろしかったからである」までである、という意見で一致している。新改訳 2017では、8節の次に置かれた文、また9-20節をそれぞれ〔 〕に入れ、「補遺」として扱っている(欄外注を参照)。
有力な古代写本はこれらの文を欠き、マルコとは別の人物が、唐突に閉じられたように見えるこの福音書の結びとして書き加えた部分と考えられている。
本書がもともと16:8で終わっていたのか、未完、もしくは本来の結語が何らかの理由で失われたのかという議論が続いているが、歴史的資料がなく結論を見ていない。

(本文より)

聖書通読

マルコ、伝道、汽灰螢鵐
1日、4〜8日、11〜15日
18〜22日、25〜29日 10
 

聖書の学び&メッセージ

世界に広がる福音
2〜3日、9〜10日、16〜17日
23〜24日、30〜31日

通読表はこちら
 

●聖書日課執筆者(7月号〜10月号)
淀野 仰(日本福音自由教会協議会 鴻巣福音自由教会副牧師)
鎌野 直人(関西聖書神学校長・日本イエス・キリスト教団 姫路城北教会牧師)
神尾 鋼行(日本同盟基督教団 千種キリスト教会牧師)
老松 望(大阪聖書学院常勤講師)
神田 唯志(日本福音キリスト教会連合 武蔵台キリスト福音教会牧師)
下川 羊和(日本同盟基督教団 新潟福音教会牧師)
中台 孝雄(日本長老教会 希望キリスト教会牧師)



詳しくはこちら

※定期購読のご予約はこちら
ページ数:168ページ

判型:A5判
manna1107 マナ7ガツゴウ

576
購入数
      

【包装について】
原則、注文個数分の包装用袋・金シールの同梱のみ承っております。
贈呈先へ直接発送の場合に限り、お包みしてのお届けも可能でございます。
ご購入の際に、「包装袋添付ご希望の場合はこちら」を選択してください。
(一部商品は選択不可・包装不可となっております)
※備考欄にてご指定いただいても対応できない場合がございます。何卒ご了承ください。


お気に入りリストに追加  かごに入れる

>この商品について問合わせる

  • 書籍
  • グッズ

この商品についてのレビュー

入力された顧客評価がありません。

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く