ログイン
カートに商品がありません。

現在の中身:0点

 
 

神の国を生きる キリスト教生活共同体の歴史(19680)

いのちのことば社

教会が制度化し世俗化していのちを失っていくとき、神は時代ごとに荒野の預言者のような生活共同体を起こされ、霊的地下水となって今も流れている。その歴史を聖書から初期教会・中世・近現代までたどり、個人主義化する現代の信仰のあり方に初めの愛を問う。


著者・訳者など:後藤敏夫
ページ数:208頁

判型:四六判
ISBN:978-4-264-04298-3
カミノクニヲイキル

購入数
      

【包装について】
原則、注文個数分の包装用袋・金シールの同梱のみ承っております。
贈呈先へ直接発送の場合に限り、お包みしてのお届けも可能でございます。
ご購入の際に、「包装袋添付ご希望の場合はこちら」を選択してください。
(一部商品は選択不可・包装不可となっております)
※備考欄にてご指定いただいても対応できない場合がございます。何卒ご了承ください。


お気に入りリストに追加  かごに入れる

>この商品について問合わせる

  • トップ
  • 書籍
  • 神の国を生きる キリスト教生活共同体の歴史(19680)
  • トップ
  • 信仰書
  • 神の国を生きる キリスト教生活共同体の歴史(19680)

この商品についてのレビュー

入力された顧客評価がありません。

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く