ログイン
カートに商品がありません。

現在の中身:0点

 
 

(オンデマンド)何からの救いなのか 神の恵みの奥義(6421)

いのちのことば社
私たちキリスト者は、「何から」救われ、「何によって」救われ、「何のために」救われたのか。福音の中心を再確認し、信仰の確信に導いてくれる好著。

心のやすらぎ、心理的癒し、カタルシス……。こうしたことが教会において、キリストの福音の真髄である「救い」に置き換わっていないだろうか。そもそも神が備えてくださった「救い」とは何なのか。「何からの救いなのか」「何によって救われるのか」「何のための救いなのか」といったことを、わかりやすく説き明かす。


著者・訳者など:R・C・スプロール/魚本つる子

スプロール,R.C.
1939年、ペンシルバニア州ピッツバーグに生まれる。アメリカ長老教会(PCA)の教職者。ウェストミンスター大学、ピッツバーグ神学校、オランダのアムステル自由大学、ホィットフィールド神学校(博士号)で学ぶ。現在、フロリダ州サンフォードのセント・アンドリューズ・チャペル牧師。ウェストミンスター神学校カリフォルニア校の組織神学の客員教授。1971年、米国ペンシルバニア州に、信徒教育のために「リゴニア・ヴァリー・スタディ・センター」設立。1984年、フロリダ州に移転し、「リゴニア・ミニストリーズ」と改名。文書、ラジオ放送、カセット、ビデオ、CD、DVD、インターネットなどを通して伝道と信徒教育を行っている

魚本 つる子
北海道旭川に生まれる。高校教員を経て、米国で聖書とカウンセリングを学ぶ。仙台めぐみ教会(日本キリスト改革派教会関係)会員。正統長老教会(米国)(OPC)日本ミッション宣教師夫人
(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ページ数:152
判型:B6
ISBN:978-4-264-02615-0
ナニカラノスクイナノカ

購入数
      

【包装について】
原則、注文個数分の包装用袋・金シールの同梱のみ承っております。
贈呈先へ直接発送の場合に限り、お包みしてのお届けも可能でございます。
ご購入の際に、「包装袋添付ご希望の場合」よりご希望の柄を選択してください。
(一部商品は選択不可・包装不可となっております)
※備考欄にてご指定いただいても対応できない場合がございます。何卒ご了承ください。


お気に入りリストに追加  かごに入れる
クレジットカード コンビニでお支払い

>この商品について問合わせる

入力された顧客評価がありません。

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く
  • 書籍
  • グッズ

ランキング一覧を見る