ログイン
カートに商品がありません。

現在の中身:0点

 
 

増補改訂 中高生に信仰を伝えるために (18595)

いのちのことば社

このままいけば、教会から若者がいなくなるのではないか。そうならないためのに取り組むべき課題とは。コロナ下、劇的に変わった中高生伝道の現状と対応策。これからの教会を考える上での必読の書。

【ためし読みはこちら】
 
<<目次>>

はじめに

1章 信仰継承は急務だからこそ慎重に
◆教職者の高齢化と中高生の減少
◆集めることよりも育てることを
◆私たちは祈られている

2章 彼らの見ている景色〜中高生の現状〜
◆恵みが重荷に
◆彼らの可能性
◆信頼できる親友がいない
◆低いセルフイメージの弊害
◆健全な自己理解
◆自己理解への回答として
◆いじめ
◆複雑な家庭環境
◆悩み、反発する
◆不登校児の増加

3章 中高生とSNS
◆SMSの時代〜オンラインに生きる
◆SNS使用の指導・注意点として
◆SNSやゲームは禁止にするべきか
◆宣教のツールとしてのSNS
◆超情報化社会の中で
◆コロナ期間のオンライン活動

4章 信仰の伝え方、中高生との接し方
◆若者文化と向き合う
◆中高科担当者のサポートの必要
◆中高生が理解できるようにみことばを語る
◆聖書からの男女関係・性・結婚観の学びは必須
◆受験期でも優先順位を変えない
◆部活動との両立という課題
◆信頼関係の構築を優先する
◆関わることの大切さ
◆注意を与えるときには
◆悩みを相談されたときには

5章 教会は地域の救いの拠点
◆ビジョンと宣教戦略を立てる
◆信仰継承は神の国の建設
◆受け入れ体制を整える
◆自己受容、他者貢献
◆将来どのような教会を目指すのか
◆救いの拠点

おわりに

著者・訳者など:川口竜太郎

【川口竜太郎】
高校生聖書伝道協会(hi-b.a.)代表スタッフ。 活水の群れキリスト伝道隊国内宣教師。 東洋美術学校絵画科卒業、絵画研究科中退。英国での語学研修の後、OMの世界宣教船Doulos号での宣教生活を終え帰国。活水聖書学院で学び、高校生聖書伝道協会(hi-b.a.)のスタッフとなり、現在に至る。 日本全国の高校生に福音を伝えるために、47都道府県に救いの拠点(定期集会)を置くことを願っている。

ISBN:978-4-264-04355-3

購入数
      

【包装について】
原則、注文個数分の包装用袋・金シールの同梱のみ承っております。
贈呈先へ直接発送の場合に限り、お包みしてのお届けも可能でございます。
ご購入の際に、「包装袋添付ご希望の場合」よりご希望の柄を選択してください。
(一部商品は選択不可・包装不可となっております)
※備考欄にてご指定いただいても対応できない場合がございます。何卒ご了承ください。


お気に入りリストに追加  かごに入れる
クレジットカード コンビニでお支払い

>この商品について問合わせる

  • 書籍
  • グッズ

ランキング一覧を見る

この商品についてのレビュー

入力された顧客評価がありません。

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く