ログイン
カートに商品がありません。

現在の中身:0点

 
 

フクシマから福島への道 (29855)

いのちのことば社
大地震・大津波・原発事故から十余年。この期間に、キリスト教会は、諸団体は、個人はどんな取り組みをしてきたか。人々のいのちを守り、支えることに心を傾けてきた19の証言記録。なかなか報じられることのない現状をも報告する。

3.11、東日本大震災関連書籍。
 
«目次・執筆者»
はじめに〈船田肖二〉
* * *
東日本大震災とは何だったのか〈森 章〉
フクシマから福島へ〈平山紀雄〉 
群馬から、震災後の福島へ〈中野 覚〉
閉ざされたコミュニティへの宣教〈三箇義生〉
* * *
東日本大震災支援活動十年を振り返って〈南原摩利〉
震災と原発事故から十年の福島に暮らして〈大川 清〉
見えないものから子どもを守るために〈千葉由美〉
震災後の「フクシマ」と「パブリックヘルス」〈伊東尚美〉
だれ一人取り残さないために〈澤田和美〉
福島の移住女性たちと共に十年〈佐藤信行〉 
「キッズケアパークふくしま」の働きとこれから〈栗原清一郎〉 
本当に重要なことを見分ける民になるために〈片岡輝美〉 
* * *
つばさを広げて〈佐藤将司〉 
真の回復復興を目指して〈後藤一子〉
遣わされたこの地で〈住吉美和子〉
原発事故への対応〈増井 恵〉
放射能と向き合っての子育てと子どもたちの成長〈久場祥子〉
会津から見た震災からの十年〈三留謙一〉
震災後十年―人との出会い・書物との出会い〈木田惠嗣〉
* * *
あとがき〈木田惠嗣〉

著者・訳者など:福島県キリスト教連絡会 編

【本書の執筆者】
森章・平山紀雄・中野覚・三箇義生・南原摩利・大川清・千葉由美・伊東尚美・澤田和美・佐藤信行・栗原清一郎・片岡輝美・佐藤将司・後藤一子・住吉美和子・増井恵・久場祥子・三留謙一・木田惠嗣

ページ数:224頁
ISBN:978-4-264-04350-8
フクシマカラフクシマヘノミチ

購入数
      

【包装について】
原則、注文個数分の包装用袋・金シールの同梱のみ承っております。
贈呈先へ直接発送の場合に限り、お包みしてのお届けも可能でございます。
ご購入の際に、「包装袋添付ご希望の場合」よりご希望の柄を選択してください。
(一部商品は選択不可・包装不可となっております)
※備考欄にてご指定いただいても対応できない場合がございます。何卒ご了承ください。


お気に入りリストに追加  かごに入れる
クレジットカード コンビニでお支払い

>この商品について問合わせる

  • 書籍
  • グッズ

ランキング一覧を見る

この商品についてのレビュー

入力された顧客評価がありません。

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く